GO-TO WINE

Our Wines 取り扱いワインワイナリー一覧へ戻る

Osmote Wine(オスモート・ワイン)

AVA: フィンガー・レイクス

フィンガー・レイクス出身のベンジャミン・リカルディが設立した新進気鋭のワイナリー。地元の名門コーネル大学でブドウ栽培を学び、卒業後にフランス、ニュージーランド、オーストラリア、チリでワイン造りを経験。特にNZの自然派ワイン生産者に大きな影響を受けた。その後、マンハッタンの有名アーバン・ワイナリーであるシティ・ワイナリーで4年間アシスタント・ワインメーカーを務め、2014年から自身のOsmote Wineryのワイン造りを始める。

誰もがリースリングに注力するフィンガー・レイクスにおいて、オスモートでは敢えてシャルドネ造りに挑戦している。NZで学んだ大樽や天然酵母を使うワイン造りを実践し、フィンガー・レイクスの特徴を活かした酸と複雑味のあるワイン造りを目指している。2018年にはセネカ湖の南東部に自社畑を購入。この畑は現在フィンガー・レイクスで最も注目されているプロジェクトの隣に位置し、今後最も成長が期待されているエリアでもある。

ワイナリー名の『Osmote』とは浸透による透過を意味し、自然の循環やバランスを表現。フィンガー・レイクス地方の厳しい冬の寒さと夏の暑さを緩和するセネカ湖の存在への感謝や、自然に即したワイン造りを表現するために命名。

オスモート・ワインの取り扱いワイン

2017 Chardonnay
シャルドネ

品種:Chardonay 100%
Alc:13.1%
生産量:448ケース
希望小売価格:4,200円(税別)

ブドウはセネカ湖の東西両側の畑から調達し、10月初旬に完熟ブドウを手摘みで収穫。選果後に全房ブレスをし、天然酵母のみを使って400~500ℓの大樽でゆっくりと自然発酵させて造る。オリと共に9か月の熟成。白い花や有核果実の香りと、酵母由来のクリーミーな香りや微かなスパイシーさもある、フレッシュな酸を感じるミディアム・ボディのシャルドネ。

業務取引に関するお問い合わせはこちら
個人購入をご希望のお客様はオンラインショッピングサイト

PAGE TOP